挑戦・チャレンジを繰り返す流儀

「やってみないと見えないものばかりですよ」 「給料をくれて好奇心も満たしてくれるなんて、会社は最高の遊び場です」

「挑戦」「チャレンジ」いろいろ

挑戦と準備

一般的な傾向として、挑戦を好む人は準備を軽視する。

仕事の準備では、「下調べ・リサーチ」「リスク」「実行計画」「成功可能性」などが求められ、挑戦を嗜好する人の大きな弱点となる。

そんな弱点を抱えたまま昇進して決定権を持つと、
「アホだけど上司だから」と、部下に言わせてしまう事になる。

「求める人材はチャレンジできる人」

企業が対外的に表明する人材像は、滑稽なほど変化していく。

あらゆる事の先行きが不透明な現在の主流は、チャレンジできる人。

真にうけて、チャレンジの仕方も分からぬままに先走りすると、上から鉄槌が落ちてくる。

スピード感のある仕事

時間が重要な要素の仕事においては、早さ・速さ・スピードが出来る人か否かの判断材料となる。

素早く検討し、迅速に決断を下し、スピードを落とさず一気に終らせるためには、「未知・未経験のものを楽しんでやろう」と考えるチャレンジスピリットが前提として必要になる。

挑戦するサラリーマン

社会の不平等に対する戦い
※音声が含まれます。ご注意下さい

主張しない l  l 我が道 l ヘルスケア l 傍観・客観 l  l 尊重 l 感情 l オリジナリティ l 慎重・確実 l 図太い l 我慢・辛抱 l こだわり抜く l 隠さない l 逃げる l チャレンジ l 時間管理 l 収集・分析 l チェック l 効率化 l 悟られない l 計画 l 巻き込む l 開き直る l 仕事はゲーム l 泰然 l 溶け込む l 情に向き合う l 波に乗る l 愛・やさしさ

このスタイルを目指す人に向く職場、環境、仕事

仕事 :
チャレンジ精神が旺盛な人の仕事スタイルは、やってみては撤退を繰り返すといった少し軽率なものとなり易く、本人は満足しているが周囲には迷惑を掛ける事が多い。

慎重に準備しステップを踏める人がチャレンジスピリッツを発揮した時こそ実行・実現可能性が最高に高まる。

手探りで進まないといけない機会が多い仕事↓

クリエイター系 研究開発職 IT業界 企画・販促 マーケッター メンテナンス・リペアー部署 流通業売り場担当etc 

◆クリエイター系
Webデザイナーになりたいっ!★ヒューマンアカデミー★

環境・職場 :
◆長い伝統の中で各所に制度疲労が見られる会社
◆失敗に寛容な社風・上司

仕事や資格、お稽古を、それ単体ではなく、生き方(ライフスタイル)の幅を広げるものとして総合的に発信するサイト

ケイコとマナブ.net / 資格と仕事.net

志向するがくすぶっている人が意識すべきこと一例

分からないものや定まっていないものに強く興味を惹かれ、大きな可能性を見出す人にとって、それを抑えつけようすればするほど、現在やっている事へのモチベーションは下がっていく。

何かしらのチャレンジしたい事柄に関する自身の実行能力への不安が一歩を踏み出させない。

結果的には一歩を踏み出さない事が吉と出る場合も多いが、気持ちをくすぶらせたままでいる事は、現在の仕事を続けていく上では大きくマイナスに作用する。

旺盛な挑戦心を満たす手近な対象として「資格」や「スキル」を捉える事は間違いではないが、自分にとって有用なものなのか否かを見極めないと、ただの資格コレクターに終る。

◆独立開業
独立・開業を目指すあなたに

「挑戦」「チャレンジ」いろいろ

発揮し過ぎた有名人

和泉元彌 / 狂言師 俳優 プロレスラー

数々の秩序を無視して「宗家」を名乗り、伝統の世界に牙をむいて挑み続けた結果、能楽協会から除名される。

人の世の常識にも果敢に挑戦。プロレスにも挑戦し、セッチー鬼瓦軍団の応援を受けつつ、「空中元彌チョップ」を披露。現在は嫁に稼いでもらう生活に挑戦中。

発揮が危うい有名人

中田英寿 / 旅人 元サッカー選手

サッカー選手を早期に引退し、次にチャレンジすべきもの探しの旅に出発。

砂漠の上からテレビ出演し、次なるチャレンジのために取っておきたいはずのお金に関して、「会計士に聞かないとよく分からない」と発表。更なる旅に出発。

その後、「サッカーから離れる事はできません」と、チャリティマッチを企画。

発揮できない国民

日本国民 / 日いづる国 極東の島国 奇跡の復興を果たした国民

国が繰り出す様々なチャレンジ促進策(チャレンジ税制、チャレンジ支援、再チャレンジ支援策・・・)に見向きもせず、マスコミの格差報道にもめげず、「お金はありませんよ」の年金絡みメッセージに目をふさぎ、現状維持を模索し続ける。

発揮していた登場人物

河内 鉄生 / 武装戦線6代目頭 交通事故で死去

わずか16、17の少年ながら漢(おとこ)を貫き、最強の喧嘩屋として名高い鈴蘭高校の「花木九里虎」に4度挑戦し4度敗れる。

意外な程の用意周到さで見えない敵をあぶり出し、問題を解決するが、交通事故で亡くなってしまい、追悼Tシャツも発売される。

宙船 / TOKIO(中島みゆき)
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手でこいでゆけ

たった一人で船を漕ぐのは同じ所をぐるぐる回るだけだけど、小さい船に乗り換えて、両手にオールを持って漕いでいってくれ。

Copyright© 仕事のスタイル図鑑, All Rights Reserved