感情に訴えかけるスタイル

「 『上司にはカウンセリングスキルが必要』なんて言ってるけど、人の心の機微を理解するのが先決 」

「心」「カウンセリング」「ホスピタリティ」いろいろ

心を学ぶ必要性

様々な進歩が重ねられても、そこに居るのは感情を持った人間。

移り気で多種多様な心に先回りして仕掛けるためには、自分の経験のみに頼らず、心理学の基礎を学ぶ事が必須。

その大切さに気付く事さえできれば、ネットや書籍によってさほどお金を掛けずに学ぶ事が可能。

カウンセリングスキル講習

「○○さんが休職している」「うつ病にかかって○○さんが会社を辞めた」など会話が増え、使用者責任や安全配慮義務を問われる会社は、現場監督者である管理職への教育に力を入れる。

マネジメントスタイルを容易に変更できるはずはないものの、いざ事が起こった際に、「会社側は努力していた」 という説明にはなる。

HOSPITALITY/ホスピタリティ おもてなし

物や情報が溢れ、お金を使いたくても使い道が無い人が増えるのが成熟化社会。

心動かされるもてなしや、琴線に触れる経験に惜しみなくお金を使う人が増えたため、接客サービス業界の生き残りへのキーワードは、
「ホスピタリティ」 「おもてなし」 「非価格競争」

ホスピタリティ全集

専門学校生が考える「ホスピタリティ」

※音声にご注意ください

主張しない l  l 我が道 l ヘルスケア l 傍観・客観 l  l 尊重 l 感情 l オリジナリティ l 慎重・確実 l 図太い l 我慢・辛抱 l こだわり抜く l 隠さない l 逃げる l チャレンジ l 時間管理 l 収集・分析 l チェック l 効率化 l 悟られない l 計画 l 巻き込む l 開き直る l 仕事はゲーム l 泰然 l 溶け込む l 情に向き合う l 波に乗る l 愛・やさしさ

このスタイルが好きな人に向く仕事、職場、環境

社内・社外に関わらず、人と関わり合う能力が仕事の成果に直結する職種や職場は数多く、感情に訴え掛ける言動が取れる人は、何処で働いても良い成果を導く事ができる。

特に、人の心や感情の動きを察知し、それに先回りして応える事で喜びや驚きを与え、自分のファンやサポーターとなる人を増やしていく事が良い成果に直結する仕事↓

ホテル・旅館 接客販売業全般 介護・看護職 ルート営業 美容・理容師 ソーシャルワーカーetc

仕事や資格、お稽古を、それ単体ではなく、生き方幅を広げるものとして総合的に発信するサイト

ケイコとマナブ.net / 資格と仕事.net

このスタイルを追求したい人が学ぶべき事の一例

サービスの提供相手を選ぶ事は基本的には出来ないため、政治経済、時事問題から芸能界に関する事など、広範囲に及ぶ知識や情報を蓄積する事が必要になる。

時間を設けての勉強や読書、情報収集のみならず、日常のあらゆる場面を主体的に過ごす事がカギとなる。

自分に必要なものの確認をサポートしてくれるサイト

インディビジョン[スクール]で資格を取ろう!

「ホスピタリティ」雑々

大切さを説く有名人

セザール・リッツ / リッツカールトン創業者

「お客様は常に正しい」 「お客様は王様」 「お客様は決して間違わない」

発揮している有名人

江原啓之 / 霊能者 スピリチュアル・カウンセラー 「オーラの泉」

人の前世や守護霊を読み取り、死んだ人からのメッセージを届け、人が発するオーラの色診断を行って、無垢な視聴者に驚きと感動を与え続ける。

露出の多さとともに矛盾点も出てはいるが、多分本物。

発揮していた有名人

豊臣秀吉 / 「天下一の人たらし」

臣下の礼を取らない徳川家康に対し、既に嫁いでいた実の妹を離縁させて嫁に送り込み、最後は自分の母親まで人質に差し出す。
驚きを与えて既成事実を作り上げ、家康に臣下の礼を取らせる。

少し間違えた有名人

江頭2:50 / タレント 黒タイツ

「驚かせたい」 「楽しませたい」 一心で行った 『トルコでんでん太鼓突き刺し事件』では、観客を大いに怒らせ、トルコ警察にワイセツ物陳列罪で逮捕される。

日本でも大々的に報じられ、各局キャスターは、「国辱者」「情けない」とバッサリ。

「母賛歌」 / Metis
母よ母よ 感謝してます 寛大なる私の母よ
・・・
私にはだだ一人あなたを喜ばせる使命がいつもあるのです

Copyright© 仕事のスタイル図鑑, All Rights Reserved