チェック(PDCAのC)を怠らないスタイル

「やりっ放しの仕事は単なる暇つぶし」 「チェックしていないと、どこに進むか分からないのが仕事」

「チェック」「検証」いろいろ

PDCAサイクル

P(計画)→D(実行)→C(検証)→A(処置・改善)→Pの問題解決サイクルの中で、余程の幸運に恵まれない限り計画通りに仕事が進み続ける事態は訪れない。

小まめなチェックを怠ると、当初の目標とはかけ離れた場所に到達してしまう。

自己否定/自己検証

時間や労力、気力や思い入れを投入した仕事であればあるほど自己評価は高くなる傾向が出て、冷徹な検証の邪魔をする。

自分を疑って掛かる素直な目が不可欠。

リスク回避

「動いてみた反省を生かしながら進む」フィードバック型のPDCAサイクルは、仕事の一般的手順の理解としては有用だが、後戻りできないリスクも伴う。

「事前検証」「リスク想定−回避」 を予め詰めた上での計画→実行が現実的には求められる。

効果検証(金的カップ)

しつこい程に事前チェック

※音声が含まれます

主張しない l  l 我が道 l ヘルスケア l 傍観・客観 l  l 尊重 l 感情 l オリジナリティ l 慎重・確実 l 図太い l 我慢・辛抱 l こだわり抜く l 隠さない l 逃げる l チャレンジ l 時間管理 l 収集・分析 l チェック l 効率化 l 悟られない l 計画 l 巻き込む l 開き直る l 仕事はゲーム l 泰然 l 溶け込む l 情に向き合う l 波に乗る l 愛・やさしさ

このスタイルを目指す人に向く職場、環境、仕事

仕事 :
仕事をやりっ放しで放置する事は、次へ活かす事が出来る貴重なフィードバックの場を放棄する事と同義。

仕事上の殆どの事柄は、0から有を生み出すのではなく、既存のものが満たしていない点に着目する事から始まるのが現実。

失敗した仕事の中にこそ学ぶべき事が多い仕事↓

研究開発職 マーケティング プログラマー ソーシャルワーカー 企画・販促etc

職場・環境 :
「問題なく機能して当たり前」・「一つの失敗が大きな損失を生む」環境下にある職種や職場では、事前検証を怠らず継続し続ける姿勢の有無が、仕事の成否を分ける。

自分に必要なものの確認をサポートしてくれるサイト

自分らしい仕事してますか?

このスタイルを目指す人が学ぶべき事の一例

仕事の取り組み方は、様々な軸を基準として分類する事が可能だが、そのうちの一つが、「チェック・検証を行うか否か」

失敗を恐れるあまりに事前検討・事後検証に時間を割く事は、表面的には損失に気付き難いが、成果を上げるチャンス自体を失う事(機会損失)による負の面が伴う。

経済・経営学の中の具体的事例、有名経営者の著書、意思決定過程に関する著書などに学び、「時間と決断」に関しての見識を深める事は有用。

「チェック」「検証」雑々

発揮し過ぎを戒める有名人

フリードリヒ・フォン・シラー / ドイツの詩人

「あまり熟慮し過ぎる人間は、大して事を成就しない」

発揮していた有名人

キュリー婦人 / ノーベル賞2度受賞(物理・化学)

大量のウラン鉱をくる日もくる日も砕いて溶かすチェックを繰り返し続け、ポロニウムとラジウムを発見し、ノーベル賞を受賞。

夫に先立たれた後も研究施設を引き継ぎ、チェック、検証を繰り返し続ける。

発揮し過ぎた有名人

石田三成 / 五奉行筆頭 佐和山城主

豊臣政権の運営に責任と使命を感じ、政権を安定させたい一心から方々にチェックを入れまくるが、武断派の福島や加藤にはひどく嫌われる。

家康に隙を突かれて挑発され、家康の狙い通りに決起して関ヶ原で敗れる。

発揮したかった有名人

梅宮アンナ / タレント・モデル 有名俳優の娘

「稀代の悪」羽賀研二とお付き合いを深め、彼の借金返済のためにヌードまで披露。
チェックを勧める声にさらされる程に意固地になっていき、借金の肩代わりも行う。
その後、父親を巻き込んでいる事にようやく気付き、骨の髄まではしゃぶられずに済む。
(現在はおじいさんとおばあさんと娘に囲まれ幸せに暮らす)

サンタが街にやって来る(Santa Claus is Coming to Town)
「サンタはリストを作って 2回もチェックしてる 誰が良い子か悪い子か」

もうすぐサンタさんがくるぞ。良い子にしてないとプレゼントもらえないぞ。
気を付けろ。奴は見てるぞ。奴はなんでもお見通し。

Copyright© 仕事のスタイル図鑑, All Rights Reserved