情報の収集・分析を怠らないスタイル

「情報があって初めて仕事は動き出す。間違った情報とその分析に従っていれば全てが狂ってしまう」

「情報」「分析」いろいろ

情報の質

仕事上に限らず、全ての行動の出発地点はもたらされる情報。

黙っていても集まってくる情報にはさほどの価値も信憑性もなく、お金や労力の代償として集めてきた情報にこそ真実が含まれている事が多い。

市場分析

入手した市場(仕事上の競争場所)に関する情報が意味するものを読み取るのが市場分析。

情報から、憶測や希望や意見の範囲に入るものを排除するだけであっても、事実がクリアに見えてくる事がある。

情報の統合

抜き出した一つ一つ情報の断片だけでは、「で、どうするべきなのか?」は見えてこない。

不要なものを削ぎ落とした情報を、つなぎ合わせて本質を見つけ出す情報の統合過程が一番重要。

自己分析

自己分析法を解説

※音声にご注意下さい

主張しない l  l 我が道 l ヘルスケア l 傍観・客観 l  l 尊重 l 感情 l オリジナリティ l 慎重・確実 l 図太い l 我慢・辛抱 l こだわり抜く l 隠さない l 逃げる l チャレンジ l 時間管理 l 収集・分析 l チェック l 効率化 l 悟られない l 計画 l 巻き込む l 開き直る l 仕事はゲーム l 泰然 l 溶け込む l 情に向き合う l 波に乗る l 愛・やさしさ

このスタイルが性に合う人に向く職場、仕事

仕事 :
『情報の収集と分析』 などと言うと少し小難しく感じるが、何かの行動を起す際の出発地点となるものを集めて検討する事。

いざ行動を起す際には、当初の情報は正しいものとする前提の下で実行されるため、『収集と分析』に間違いがあれば的外れな行動を取っている事になる。

間違いのない情報がもたらす効果が大きな仕事↓

企画・マーケティング 製品開発 株式・金融トレード関連 医師 高額商品営業 SE 会計士 SEO解析etc

職場 :
慎重の上に慎重を重ねる行動スタイルを持つ上司の下で成果を上げていくには、説得性が高い理由付けが必須。

このスタイルを必要とする人が学ぶべき事の一例

仕事の出発地点を見誤らないという点でいえば、全ての働く人にとっての大切な要素が、「正確な情報認識」。

仕事の特性上、自分が集めてはじき出した結果をもとに多くの人やお金が投入される仕事においては、より高度な「収集・分析技術」と「情報への冷めた態度」が要求される。

エクセルやアクセスを利用した統計やデータベース、より専門的な統計士や解析の学習が必要になる。

パソコンスキルを身につけたいっ!★ヒューマンアカデミー★

実戦の中でその考え方や行動の仕方を学ぶ事は、何においても有効な学習手段であるため、サイトやブログを運営し、アクセスログを解析してアクセスアップのためにトライ&エラーを繰り返す事も有用。

アクセストレード / リンクシェア・ジャパン / A8.net

「情報」雑々

発揮している有名人

島田紳介 / タレント・司会者

長年に渡って多くのテレビ番組を仕切り続ける中で、視聴者を飽きさせないために編み出した得意技が芸能人の暴露話。

方々に情報源を配置し、日夜情報の収集と分析に励む。

大切さを説く経済人

鈴木 三郎助 / 味の素創業者

アンテナは高く、頭は低く。世の中の変化や技術革新に乗り遅れないために、政治家でもなく、評論家でもなく、常に商人のセンスで情報をできるだけ収集せよ。

方法論を説く経済人

牧野 昇 / 三菱総研元会長

情報は現場でとれ。常に現場に立ち、現場の情報を直接掴むことを怠ってはならない。

発揮していた有名人

藤堂高虎 / 築城の名手

秀吉亡き後、いち早く家康に接近していった事など、時代時代で常に勝ち組に味方。
抜群の情報収集・分析能力を発揮し続け、「誰の為に働くべきか?」を見誤らなかった。

「変節漢」と評価する人もいるが、その時々で最後まで職務を全うして義理を果たし、途中で裏切った事はない。

「まちぶせ」 / 石川ひとみ
あのこがふられたと 噂にきいたけど 私は自分から 云いよったりしない
別の人がくれた ラブ・レターみせたり 偶然を装い 帰り道で待つわ

あの子がふられちゃったって情報を入手しました。彼の好みは分析済みです。
嫉妬心が強くてロマンチストの彼には、偶然の待ち伏せ作戦が効くはず。

Copyright© 仕事のスタイル図鑑, All Rights Reserved