ヘルスケアを怠らないスタイル

「健康以上に大切なものって何?」 「最後までそこに居続ける者が勝つ。会社に行き続ける者が勝つ」

「ヘルスケア」「健康増進」いろいろ

健康維持の前提条件

  • 体の構造やシステムを理解する学習姿勢
  • 自分自身の身心の特徴を把握する客観性
  • 現在の健康状態を積極的に把握する姿勢

やみくもに手を出しても、お金と時間を無駄にするだけ。

健康管理

「運動」 「休息・遊び」 「睡眠」 「食事」 「ストレス発散」 「触れ合い」・・・。
本来は全てをバランス良く取ってこそのもの。

多忙な仕事人としては、『今の自分にとって一番必要なもの』を理解して実践する事が、最低限のするべき事。

メンタルケア

うつ病に代表される心の病に罹患する人が増大し、国や会社も対策を施すが、所詮は付け焼刃。

「自分の身は自分が守る」強い決意のもとに、心や体に関する知識や情報を蓄積し、「意外にもろい自分の心」を受け入れるところから始まる。

疲れた心に〜癒しのα波オルゴール

疲れた心を癒すオルゴールの音色

※音声が含まれます。ご注意下さい。

主張しない l  l 我が道 l ヘルスケア l 傍観・客観 l  l 尊重 l 感情 l オリジナリティ l 慎重・確実 l 図太い l 我慢・辛抱 l こだわり抜く l 隠さない l 逃げる l チャレンジ l 時間管理 l 収集・分析 l チェック l 効率化 l 悟られない l 計画 l 巻き込む l 開き直る l 仕事はゲーム l 泰然 l 溶け込む l 情に向き合う l 波に乗る l 愛・やさしさ

このスタイルを目指す人に向く職場、環境、仕事

職場・環境 :
◆全ての働く人(特に体を動かす事自体が必要な仕事)
◆ストレスを感じる機会が多い人
◆健康の重要さが身に染みて分かっている上司の下
◆労働時間管理に関して個人の裁量が大きい会社
(フレックスタイム・在宅勤務)
◆季節によっての繁忙の差が無く、突発的な事案が発生し難い職場

仕事 :
「実行できる環境じゃない」と言って仕事を優先する人は、過去に健康を損なった事が無い人である場合が多い。
健康に留意しなくてもよい仕事や職種は存在しない。

心身の健康作りを手伝う仕事↓

スポーツトレーナー・インストラクター 医師・薬剤師 心理カウンセラー・セラピスト 栄養士 調理師 療法士etc

実践する前に学ぶべき事の一例

「サプリメント摂取」「スポーツジム」「ダイエット」「趣味」の前提として、
休息の必要性やカロリー消費、体の基本的な仕組みやメカニズムを学ぶ事が必要。

スポーツクラブもさがせます・・・ケイコとマナブ.net

また、健康維持のためにはそれに費やす時間が必要になるため、効率的に仕事を進めるための業(仕事術・時間管理術)を学ぶ事が必要。

自分に必要なものの確認をサポートしてくれるサイト

比較.comで簡単スクール選び!資格と講座の資料を無料で一括請求

「ヘルスケア」「健康増進」雑々

大切さを説く有名人

福沢諭吉 / 慶応創始者 「天は人の上に・・」

身体を大切にして健康を保つは、人間生活の道に欠くべからざるの要務なり。
常に心身を快活にして、いやしくも健康を害するの不養生を戒めるべし。

発揮している有名人

郷 ひろみ / 「ジャパーン」 

「20代」といっても通用する体型や肌の張りを保ち続け、「10代」と言っても通用する屈託のなさを披露し続ける。

スポンサー(高須クリニック)に頼らず(多分)、重力を無視したかのような若さを保つための就寝時間は午後8時。

発揮したかったた有名人

横山やすし / 天才漫才師

元々が細身に体の上に飲酒を重ね、繰り返し繰り返し体を壊し、少し滑稽な程にタクシーの運転手さん達ともめ続ける。

「天才」と言われた漫才を披露する機会を無くしてしまうが、元相方は仕事をして生きていかねばならず、本人以上の情けなさを味わったはず。
元相方は、大御所とは思えないレポーター役をこなし続ける。

発揮を奨励する有名人

みのもんた / 司会者

毎日毎日お昼の時間帯にどこかで聞いた事があるような健康情報を発信し続けるが、数え切れない程のレギュラーを抱える上に、毎晩飲み行っているとうそぶく。

説得力はほぼないが、妙にテカッた顔色だけを頼りに発信し続ける。

あさごはんマーチ / 神崎ゆう子&速水けんたろう
『さあさ あさだよ あさごはん あさ あさ あさ あさ あさごはん
しっかりたべよう あさごはん あさごはん あさごはん』

朝ごはんをしっかり食べて頑張ろう。朝ご飯をたべていないと力が出ないぞ。
しっかり働くため、健康でいるために朝ご飯を食べよう

Copyright© 仕事のスタイル図鑑, All Rights Reserved